■オークション落札代行契約書

契約の成立規定

オークション落札代行契約(以下 本契約と略す)の成立時期は、中古車を購入しようとするお客様(以下 契約者と略す)が、免許書コピー(裏面記載がある場合は両面)をRen'sBoo(以下 当方と略す)にFAX、 「オークション落札代行申込金」(以下申込金と略す)を当方指定口座に入金、また当方ホームページ(以下HPと略す)内「オークション落札代行契約書」(本文) 全文を読んで理解した後、当方HP内のオークション落札代行注文フォームに必要事項を記入、フォーム最下の「本契約の内容について同意する」のボタンを選択し、送信した時点で成立したとします。

送信した時点で本文の内容はすべて理解したものとし、契約者はこれに同意したものとします。
尚、現時点で日本国内に住民票がない方との契約、また落札車両の海外発送目的の契約はお断りしております。 また、法人でのお取引をご希望の場合は、法人名で上記の手続きを行うものとする。

申込金規定

契約者は本契約にあたり、申込金を当方指定口座に入金するものとする。

・入札上限額が30万円未満の場合は 5万円
・入札上限額が30万円以上200万円未満の場合は 10万円
・入札上限額が200万円以上の場合は 20万円とする

上記申込金は、契約者が当方に依頼し落札された車両(以下落札車両と略す)の登録手続き(新規登録、名義変更)を契約者本人が行う場合、落札車両の支払い行為が完了した時点で、そのまま「登録保証金」 (以下保証金と略す)として登録完了までの間、引き続き当方が責任を持って預るものとする。

尚、申込金が5万円、10万円の場合は、そのまま保証金として預るものとし、20万円の場合(入札限度額200万円以上の場合)は内10万円を保証金、差額は落札車両の合計請求金額に充当するものとする。

また、登録手続きを当方に委託された場合、申込金は全て落札車両の合計請求金額に充当するものとする。

また車両落札後の連絡不通や料金未払い、登録手続きの不履行、その他違約行為など当方に損害を与えた、もしくは当方がそう判断した場合、保証金は損害金として没収するものとし、契約者は一切異議申し立てはしないものとする (支払い規定、登録手続き規定参照)

本契約のキャンセル規定

■契約者の都合によるキャンセル■

契約者は、当方が入札行為をする前であれば、その理由を問わず本契約を解除できるものとする。既に以下の手数料が発生している 場合、当方は申込金よりそれらを差し引いた金額を、キャンセル日から4営業日以内に契約者指定の口座に返金します。ただし、入札予定オークション当日のキャンセルは午前8時までとし、方法は当方携帯電話に電話もしくは メールのみとする。

         (差引く手数料)
 ・入札手数料   1,080円/台(消費税込)
 ・現車下見手数料 3,240円/台(消費税込)2台目以降は当方
 ・相場検索手数料 2,160円  (消費税込)   HP内に明記
 ・振込手数料     486円  (消費税込)

■当方の理由によるキャンセル■

当方は契約者からの依頼が困難だと判断したとき、いつでも本契約を解除できるものとする。また、本契約日から2か月が経過したが落札に至っていない時、本契約を解除できるものとし、 4営業日以内に下記手数料が発生している場合は申込金より差引いて、契約者に返金するものとする

         (差引く手数料)
 ・入札手数料   1,080円/台(消費税込)
 ・現車下見手数料 3,240円/台(消費税込)2台目以降は当方
 ・振込手数料     486円  (消費税込)   HP内に明記

入札後のキャンセルはいかなる理由があっても、できないものとします

落札規定

当方は契約者から依頼された車両を、希望金額以内で落札できるよう努力するが、オークション会場(以下会場と略す)の競りシステム上、希望額より最大3万円高い金額で落札せざるおえない場合や、希望金額より 最大3万円安く他社に落札されてしまう場合があります。この場合、申し訳ありませんが免責とさせていただきます。尚、それ以上の金額で当方が落札、それ以下の金額で他社が落札となった場合は、当方はミスを認め、 以下の対応をするものとする。

入札上限額の31,000円以上の高値で当方が落札をした場合
⇒落札代行手数料から5,000円値引きをさせていただきます

入札上限額の31,000円以上の安値で他社が落札をした場合
⇒入札手数料1,080円を無料にさせていただきます

ただし、代行POS押しを依頼した場合はこの限りではないものとする

支払い規定

契約者は落札車両の落札金額が200万円未満の場合、オークション開催日を含む3日以内(3日後の場合はPM2:00までとする)に当方指定口座に入金するものとし、土曜日開催オークションの場合は翌週火曜日のPM2:00までに 入金するものとする。

落札金額が200万円以上の場合、オークション開催日の翌日中に当方指定口座に入金するものとし、土曜日開催オークションの場合は翌週月曜日中に入金するものとする

上記期日を過ぎても当方で着金確認が取れない、もしくは契約者との連絡が取れない場合は、契約者の都合で落札車両をキャンセルしたと判断させて頂きます。その場合、契約者が当方に与えた損害として申込金の没収と、 別途違約金10万円を請求いたします。また既に陸送を開始している場合は、その行為を取り止め車両を当方に返却できるものとし、全ての陸送費用、その他実費分も合わせて請求いたします。契約者はこれに一切異議申し立て はできず、当方からの請求書が契約者宅に届いた日から4営業日以内に当方指定口座に入金するものとする。また、返却された車両は当方が自由に換金できるものとする。

当方では領収書の発行はしておらず、振込み伝票を領収書の代わりとさせていただきます。

法人でのお取引をご希望の場合は、法人名でお振込みいただけますよう、お願いいたします。

契約者がローン購入を希望の場合、ローン会社との契約は契約者自身が責任を持って行うものとし、当方はこれに関与しないものとする。尚、ローン手続きの中で販売店見積書が必要だと契約者からの申し出があれば、 契約者の希望車両に近いもので、過去相場より車体価格を予想し、また登録、陸送などの諸経費も概算で計上する事により、(概算)見積書作成は可能とする。ただし、車台番号など車体を限定する事柄は未記入となる。 実際に落札する車両と、この見積内容とに相違があり、その事で契約者が被害を被っても当方は一切責任をとる事は出来ないものとする。
当方に対しての支払い方法は通常通りの現金振込となる為、本契約時には既にローン金額が契約者の手元にある状態が前提となります。これらについて契約者は一切異議申し立てはできないものとする

落札車両のキャンセル規定

■当方が書類偽造を行った場合■

当方が車両落札前に契約者に公開する会場作成の「車両出品票」を偽造した場合、もしくは車両落札後に契約者に公開する落札価格が明記された落札証明書に関して、落札価格を偽装した場合は無期限で落札車両の キャンセルができるものとする。その際、当方は契約者が既に支払った金額全てを返金するものとし、落札車両を返品するための陸送費用も負担するものとする。また別途10万円を支払うものとする

■名義変更書類が届かない場合■

通常、契約者の希望車両落札後、清算を行えば、オークション開催日から14日以内に落札車両の譲渡書類一式が当方に届きます。オークション開催日から36日が経過しても当方に譲渡書類が届か ない場合は、契約者の意思により落札車両のキャンセルができるものとします。その場合、当方はキャンセル申込日から7日以内に落札車両を引き上げ、また引き上げ後4日以内に契約者が支払った金額全てを指定口座に 返金するものとする

■オークション再出品にて換金する場合■

契約者が車両落札後にやむを得ない理由で落札車両を手放さなくてはいけなくなった時、オークション開催日から2か月以内であれば、当方に事務手数料5250円を支払う事でオークションに再出品できるものとする。 ただし、車両は契約者名義に変更済で、自走が可能な状態であり、出品から落札、流札までに必要な全ての費用は契約者が負担し、落札金額や流札などの結果に一切異議申し立てはできないものとする。 また落札後に発生するクレームは当方が窓口になり、責任はすべて契約者自身がオークション規定に準じて取るものとする。また、オークション開催日から2か月を過ぎた場合は、通常の当方の出品代行サービスにて 対応させていただきます

上記以外はいかなる理由があろうともキャンセルはできないものとする

納車規定

契約者自身が登録手続きを行う場合に納車日は、落札日から5〜7日以内となり、契約者は納車日までに保管場所を確保するものとする。当方が登録手続きを行う場合の納車日は、25日以内とする。 落札車両は当方が手配する陸送会社によって、契約者の指定する場所に納車するものとする。契約者は、車両落札日中に納車方法再確認、また納車日、納車場所を指定するものとします。

納車場所を最寄の陸送会社営業所に指定した場合、指定した日から3日を超えても車両の引取がなされない場合は1日あたり1,080円の保管料がかかるものとする。

納車場所を契約者自宅または月極め駐車場にした場合、指定した納車日に契約者の都合で立会ができず、陸送会社が車両を再び持ち帰るなどの行為があった場合は、再納車の陸送費を追加で請求させていただきます。 尚、当日は落札車両を届ける前に、陸送会社から直接契約者におおよその到着時間をご連絡させていただきます。

陸送会社の配車ミス、道路状況などにより、契約者のご指定日、時間帯に納車することができなかった場合は、契約者のご都合に合わせ再度調整させていただきます。 この行為は申し訳ございませんが免責とさせていただいており、契約者のいかなる損害も補償することはできません。

禁止事項規定

契約者は落札車両の前所有者もしくは前使用者、落札した会場に対していかなる理由があろうと連絡を取ってはいけないものとする。

契約者がこれに違反した、もしくは違反したと当方が判断した場合、そのトラブル解決に要した費用の他、別途違約金15万円を当方にお支払いいただきます。

登録手続き規定

■契約者自身が登録手続きを行う場合■

契約者自身が登録手続きができる条件は以下の場合とする

@ 落札車両が普通車でナンバー無しの場合
A 落札車両が普通車でナンバーの変更を伴わない名義変更の場合 
B 落札車両が軽自動車の場合 
 ・@〜B共通で、落札日から5〜7日以内に落札車両を駐車できるスペースが確保できる方
 ・名義変更に関する念書の提出と登録保証金10万円の預託が可能な方

契約者自身が落札車両の登録手続きを行う場合、当方が送る「登録手続きに関する念書」の内容を理解した上、必要事項を記入、契約者の実印を押し、落札車両新所有者の印鑑証明書(1か月以内に取得したもの)と 合わせて当方にFAXするものとする。

当方は契約者の念書、印鑑証明書、また会場から当方に届く譲渡書類を合わせ、契約者登録書類を作成し、契約者に発送するものとする。この書類作成時に記入ミスなどがあった場合、当方は 速やかに会場に差し替え分を要求するものとする。この際、当方は会場からのペナルティーを受けなければならないが、契約者は当方に対し登録手続き遅延に対しては一切異議申し立てはできないものとする。 ただし、契約者が当方にFAXする印鑑証明書に有効期間切れや所有者違いなどの誤りが原因で、会場に書類差し替えを要求する場合、契約者は違約金10万円を当方に支払わなければならないものとする。

上記にて会場から当方に届く譲渡書類に不備があった場合、当方は速やかに書類差し替えを会場に要求するが、この行為によって登録手続きが遅れることは、申し訳ございませんが免責とさせていただきます。 尚、登録期日は車類差し替えが完了するまでに要した日数分延長するものとする。

契約者は落札車両の車庫証明を落札日から15日以内に受理し、速やかに当方にFAXするものとする。当方はそのFAXを確認次第、登録関係書類を契約者に発送するものとする。 尚、契約者は登録手続きを車両落札日を含める25日以内に終了させなければいけないものとし、終了時期は新車検証が当方にFAXで送られ当方がそれを確認できた時点とする。

上記期日を過ぎた場合、契約者は当方に7日毎に違約金2万円を支払わなければならないものとする。上記期日を14日過ぎても当方に新車検証のFAX未着の場合は、契約者の都合で落札車両をキャンセルしたと 判断させて頂きます。その場合、当方は契約者に送った車両及び全書類をただちに回収し、車両を自由に換金できるものとする。また契約者は当方に与えた損害として保証金の没収を承諾し、損害実費分と別途違約金 20万円の支払いをしなければならないものとする。清算方法は上記落札車両換金で得た金額から保証金、損害実費分、違約金の合計を相殺し余った金額を契約者に返金することで行うものとし、金額が不足した場合は 別途契約者に請求するものとする。この場合、契約者は当方からの請求書が契約者宅に届いた日から4営業日以内に当方指定口座に入金しなければならない。契約者はこれに一切異議申し立てはできないものとする。

契約者が名義変更前に落札車両を運転する行為は、臨時ナンバーを付けて新規登録手続きの為に陸運局へ行く時のみとし、それ以外は固く禁じます。 また運転行為の後、事故(貰い事故も含む)、交通違反、当て逃げなど、会場や旧所有者、使用者に迷惑がかかる行為を行った場合、そのトラブル解決に要した費用の他、別途違約金 15万円を当方にお支払いいただきます。 また、事故、交通違反、当て逃げを起こした後、24時間以内に当方に申告されなかった場合は、別途違約金30万円を当方にお支払いいただきます。

■当方が登録手続きを行う場合■

契約者は落札車両の車庫証明を含め登録手続きに必要な書類を、落札日を含む16日以内に当方必着にて送付するものとする。登録及び納車は落札日を含む25日以内にさせていただくことになります。

当方が登録手続きを行う方法は、当方自身が行うケース、陸送業者に納車と合わせて委託するケース、一旦現状で契約者自宅もしくは月極め駐車場に納車した後、行政書士に委託するケースの3つのケースいずれかで行うものとする。 方法の選択は契約者の住所、納車場所、車庫の状況等の条件により両者で協議の上、決定するものとする。

契約者の都合により、登録期日(落札日から25日以内)が過ぎてしまった場合、契約者は当方に7日毎に違約金2万円を支払わなければならないものとする。上記期日を14日過ぎても当方に書類未着の場合は、 契約者の都合で落札車両を キャンセルしたと判断させて頂きます。その場合、当方は契約者に送った車両をただちに回収し、自由に換金できるものとする。また契約者は当方に与えた損害として、損害実費分と別途違約金30万円の支払いを しなければならないものとする。清算方法は上記落札車両換金で得た金額から損害実費分、違約金の合計を相殺し余った金額を契約者に返金することで行うものとし、金額が不足した場合は別途契約者に請求する ものとする。この場合、契約者は当方からの請求書が契約者宅に届いた日から4営業日以内に当方指定口座に入金しなければならない。契約者はこれに一切異議申し立てはできないものとする。

当方がご近所のお客様のみを対象に実施している「御近所様 名義変更サービス」「御近所様 格安パック」サービスとについては、落札日から5〜7日以内に契約者自宅、もしくは契約者が管理できる駐車場に一旦現状で納車を させていただき、鍵は当方で保管するものとします。 その後、車庫証明書、登録関係書類が整い次第、落札車両を再度預り登録手続きを完了させた後、落札から25日以内に納車をするものとする。尚、ナンバー変更が伴わない登録の場合は書類のみの手続きとなり、 車両の移動はありません。 このサービスは常時行えるものではなく、 落札車両や当方の業務状況などにより、行えない場合があり、契約者からの依頼があったときは、サービス実施ができるか否かを当方は判断し契約者に伝えるものとする

クレーム規定

落札車両が盗難車、走行メーター改ざん車、接合車、災害車であり、オークション出品票にその旨の記載がなかった場合、(並行輸入車の場合は、メーター改ざん車であってもノークレームとなっております) 発覚後直ちに当方にご連絡いただければ、オークション会社の規約通りに対応させていただきます。

上記以外につきましては、何か問題があったとしましても、全てノークレームとさせていただきます。

車両落札前に行う当方もしくは下見業者による現車下見において、見落とした箇所、誤認した箇所、またはそれらが原因で起こった事柄に関してもすべてノークレームとさせていただきます また、契約者が下見業者に直接苦情を言われた場合は、違約金10万円をお支払いいただきます

中古車の程度を判断する基準は個人レベルで違いがあること、また車両停止状態での下見行為であり、見落とし箇所や誤認箇所が存在する可能性がある事、また走行してわかる不具合点が存在する可能性がある事、 これらを契約者は十分理解して本契約を結んだと判断します。これに関し契約者は一切異議申し立てはできないものとする

当方が依頼した陸送会社によって落札車両が損傷を受けた事がわかった場合、賠償は陸送会社が加盟している保険内で保証させていただくものとする。当方はその責任を一切負わないものとし、契約者はこれに 一切異議申し立てはできないものとする

落札車両が故障した場合もしくは納車の時点で既に故障している場合は、契約者がその修理費用を負担するものとし、当店は一切責任を負わないものとします。 ただし、メーカー保証継承手続きを済ませた後で、且つその故障がメーカー保証適用範囲内である場合は、契約者がディーラーに自動車を持ち込むことで、無償にて修理を受けるものとする

落札車両を当方の提携整備工場で点検、整備を行った場合でも納車後に起きる不具合に関しては、整備記録簿上「交換」となっているのに「交換がされてない」などの虚偽行為を除いてすべてノークレームと させていただきます。

オークション代行での購入は業者間の売買行為となり、契約者も当方も全てオークション会場の規定に従わなければいけません。よって契約者は一般消費者としての保護はなく、この点では通常の店舗購入よりもリスクが ある事を十分に理解した上、 この契約に同意するものとする

中古車保証規定

中古車保証(PrimeWarranty保証)とは契約者とSBIクレジット株式会社間での契約であり、当方は仲介のみを担当し、保証や車両引取行為には一切関係しないものとする

契約者はPrimeWarranty保証(以下中古車保証と略す)への加入を希望する場合、落札日から3日以内に当方にPCメールもしくは携帯メールにてその旨を伝え、その日から2日以内に当方が請求する中古車保証サービス料金 及び12カ月点検費用を当方指定口座に入金するものとする

12ヶ月点検の結果、車両に瑕疵があり、中古車保証への加入ができなかった場合でも、当店は一切の責任を負わないものとします。その場合、当方は中古車保証サービス料金は全額返金するものとするが、12ヶ月 点検費用は既に実行されているため返金できないものとし、契約者はこれに一切異議申し立てはできないものとする

中古車保証の保証内容等は当方HP内に示す通りとする

中古車保証の免責の1つとして、車両名義変更後の2ヶ月間に起こった故障、トラブルについては保証サービスは適用されず有償での修理となる事を契約者は理解しているものとする。

遅延損害金規定

契約者が代金及び違約金などの支払いを怠ったときは、支払期日の翌日から完済するまで年14.0%の割合による遅延損害金を当店指定の口座に振り込むことにより支払うものとします。 契約者はこれに対し、一切異議を述べないものとします。

裁判規定

当方と契約者との間で紛争が起きた場合、大阪地方裁判所を第一審の管轄裁判所とすることとします。
契約者はこれに対し、一切異議を述べないものとします。

その他の規定

天災、戦争、暴動等、その他、責めに帰さない事由により、落札した車両が損傷を受けた場合、あるいは本契約の履行不能または遅延が生じるような事柄が起こった際、当方は一切の責任を負わないものとする。 また、契約者はこれに対し、一切異議申し立てはできないものとする。

契約変更規定

当方は、本契約内容を予告なく変更することができるものとする。

本契約は、契約者が当方に申し込みをした時の内容を、適用するものとする。

契約者は契約時、必ず本契約内容を印刷して保管することとする。尚、印刷保管していない場合は現在表示されている契約内容を適用することとする。

暴力団排除条例に基づく規定

当店は平成23年4月1日施行された「大阪府暴力団排除条例」にならい、暴力団及びその関係者とは代行契約を結ばないものとします

また、上記の内容がわからず当方が代行契約を結び、業務遂行途中で上記の内容に該当すると当方が判断した場合、いかなる理由があっても契約は破棄できるものとします

← トップページに戻る